長澤まさみ

1987年(昭和62年)6月3日
sponsored links
profile

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


at , スポンサードリンク, -

-, -

「おしりかじり虫」人気急上昇中!!

「♪おしりかじり虫〜」と繰り返し、人のおしりにパクっとかじりつく「おしりかじり虫」が人気だ。「だんご三兄弟」をも凌ぐブームとなるか。今年6月からNHK総合『みんなのうた』で放送開始後、一度聴いたら頭から離れない歌詞とメロディ、チープシックでユル可愛いキャラクターが幅広い世代に受け、大ブレイク。7月27日(金)にリリースされたシングルは、8/13付オリコンウィークリーランキング93位に初登場。その後8/27付で42位、翌週24位、そして9/10付で13位にまで急上昇。今週火曜日発表(9/17付)のランキングではTOP10入りも期待され、メーカーでも在庫切れだという。
「そんなにおしりを突き出していると、おしりかじり虫が来るぞ〜」。夫が妻のおしりを見て言った何気ない一言から生まれた。作者の“うるまでるび”は、夫「うるま」と妻「でるび」の夫婦アーティストユニット。アニメーションや音楽、イラストなど、ジャンルを超えて活躍しており、フジテレビ系『ウゴウゴルーガ』に登場した「しかと」や、携帯待ち受け画面にもなっている「ゴアラ」なども、2人による作品だ。
今回の「おしりかじり虫」はアニメ制作だけでなく、作詞・作曲に加え、歌も歌った。「説教臭くならないように、聞いているうちに自然と楽しく、何となくテーマが伝わればいいなと」(でるび)「テーマはひとことでいうなら、“笑い”。ひとりの力では大きなことはできないが、そんな現代社会に生きる全ての人に元気を出して欲しい、嫌な事は笑い飛ばしちゃおう! バブル崩壊後の日本は悩みすぎですね」(うるま)
底抜けに明るくておせっかいな「おしりかじり虫」は、乾いた風が吹く現代の日本社会に潤いを与え、染み込んでいく。好評を受け、異例の放送延長も決定。今日もまた、疲れることに疲れた元気のない他人のおしりをかじって、かじられた人を元気にしている。

Yahooニュースより引用>

at 14:10, gokuu15, 話題

-, trackbacks(14)